電話占い師が用いている占星術について

占いの1つ占星術は、知っている人もきっと多いかもしれませんが、これは太陽系の中にある、太陽と月、惑星や小惑星を天体のうち、見かけの運動や地上で起きている人間関係、社会のあり方と関連付けて占う方法です。

占星術は人類史上で現れた占いとしては、一番古いと言われている天文学ととても密接な関係があり歴史的にもつながりがありますので、他の占いや迷信などとは一線をおいているとされています。

天文学と絡んでいることにより2つの種類があります。天変占星術という名前の種類で、これはなにか異常現象が発症したときに地上の天下になにか一大事が起きるのではないか、飢餓や戦争が起きるのではないかという影響がどれだけあるのか占います。

そして宿命占星術や運勢占星術とされているものは、ある個人のあいだに生まれている日時においての日、月、諸惑星の場所によってその人の宿命や運勢を占っていきます。

この方法は古代バビロニアの今のイラク南部の地域で実施されていた大きな天体観測がもともとです。科学がまだなかった世の中で人は夜に浮かんだ星を観測して、時計がなかったとしても規則正しく生活を送る方法を考えたり、天体観測を利用して自然現象を予測するなどして生活をしていたのです。

その当時の国の運命を決めたり、転載の情報を占星術を使って知ることが可能だと思われていました。学問の1つとして王族、貴族が学んだともされています。

ですがその当時は、個人の運勢などを予測するというよりは、国そのものを占ったり、天災が起きないかどうかを占うなど使い方が違っており、その後ホロスコープ占星術が行われるようになってから、今のように個人を対象にするようになりました。

ページ上に戻る